今冬は、11月頃から冬の訪れを感じ、最近はまた一段と厳しい冬の寒さにみまわれました。
ところが、今日は一転して穏やかな一日、つかの間の春に恵まれました。これからも三寒四温、まだまだ厳しい冬の寒さを乗り越えなくてはいけませんが、何かそこまで春がやってきている予感を感じます。
それにしても、北海道、東北、信越、北陸、さらには中国、四国、九州までもが大雪や吹雪に襲われて、厳しい生活を余儀なくされていると思えば、東京ははるかに恵まれています。皆さん、厳しい寒さに負けずに春の訪れを待ちましょう!

さて、今日のランチは、ひさしぶりに定番のカレー、「チキンカレー&もやしとほうれん草の炒めもの&豆腐のおみそ汁」でした。
不思議なことに、カレーだと皆さん食欲をそそられるようで昼過ぎには、ご飯だけが、どんどん減っていきました。

おやつは、今日も初代コーディネターのうてつあきこさんが、お仕事が忙しい中、マーラーカオ(馬拉漾)を作ってくださいました。
マーラーはマレーシア、カオは、ケーキの意味だそうで、マレーシアから伝来したという説もありますが、中国風の蒸しパンです。名前も味も初体験ですが、甘みを抑えたしっとりとした蒸しパンでとても美味しかったです。

今日は、当サロンにとっては狭間の一日、お客様もやや少なめで落ち着いた一日でした。それだけ、皆さんゆったりとした時間を過ごされたようでした。

そんな中、話題はもっぱら「お引っ越し」の話に流れていきました。実は、わが「こもれび荘」の老朽化と、頻繁に発生する地震への不安もあって思いっきって新しい居場所に引っ越すという計画が進んでいます。サロンのお客様、とりわけ常連のお客様にとっては長く親しんだゆったりと落ち着ける居場所を去ることへの不安と一方で新しい居場所を作っていきたいとの期待が入り混じって興味深々、複雑な想いが一人ひとりの胸の内にあるようです。いざ引っ越しが決まれば一カ月近く大騒ぎが予想されますが、たくさんのお客様に手伝っていただいて新たな自分たちの手作りの居場所を作っていきたいと思っています。

サロン、2月の予定です。開催日は4日(土)、11日(土)25日(土)です。18日(土)はお休みです。お間違えのないように!では、また来週皆様のお越しにお待ちしています。(万年青年)

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。