今日は風も穏やかで爽やかな五月晴れ。
私はこの新緑の季節が一年で一番好きです。
そんな天候に恵まれてか、開店と同時にたくさんのお客様が見えられ、新しいサロンの一番の賑わいの一日となりました。おかげさまで引っ越し後の新生サロンも軌道に乗ったようです。
そんなサロンを明るい和やかな、かつ、ホンワりとした気分に満ち満ちと包んでくれたのが、Hさん親子でした。
Hさんは今日初めてサロンのボランティアとして参加されたのですが、そのお子さん姉妹が、とっても可愛らしく、すぐにドリンク類の担当として、お客様からのアイスコーヒーやカルピスのオーダーを慣れた手つきでふるまったり、たちまち、お年寄りの多いサロンのお客様のアイドルとして一日中大活躍でした。
そして、すっかりサロンが気にいったようで、お帰りの時間になっても、なかなか帰りたがらないというヤンチャな面もみせてくれました。
今までにも小さなお子様がサロンに遊びに来られると常連のお客様はとっても癒されます。久しぶりに当サロンに新たな人気者が登場の予感です。
そして今日のランチは当サロンNO1のシェフTHさんが一工夫凝らした美味しいランチを作ってくださいました。
”麻婆野菜&ピックルス&御吸い物”、見た目も味もさすがの色とりどりの一品です。
実は、私はピックルスはやや苦手なのですが、お酢の味加減がマイルドで、とっても美味しくいただきました。この味にはパパさんも感心していました。
おやつは、お仕事が忙しい中、Wさんが”ティラミス”を作ってくださいました。ココアクリームの味がほんのり口の中に残る逸品で次々と注文の声が続いていました。おかげさまでランチもおやつも早々と完売、ありがとうございました。

DSC_0002

  今、サロンの壁は、長老のKさんの色紙とグリーンネックレス(第二第三木曜日に開かれている女性だけの居場所)の手作りの展示品で埋め尽くされています。そんな中から一、二点。
 「下る程人は見上げる藤の花、後ろ振り向かず長寿を祝う(勇)
 「発達障害は親の愛情不足ではありません。鬱は怠けているのではありません。同性愛は恥ずべきものではありません。子供も車いすも邪魔じゃありません。死刑を存続させる理由がありません。
 適切な治療を受けることができずにアルコール依存者・野宿者をただ悪くいうことは
事態を改善させません。」
 今後のサロンの開催日は、5月13(土)、20(土)、6月3(土)、10(土)です。なお、5月27(土)、6月17(土)はお休みです。また、6月24日(土)は創立記念パーティーです。皆様のまたのお越しをお待ちしています。                          (万年青年)  

年末年始の寄附のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 年末に向けて相談活動を続け、貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。