貧困は、私たちのすぐ隣で起きています。さまざまな社会問題を「知る」そして知ったあといろいろな形で「動く」方法を、一緒に考えてみませんか? #知る動く アクションを続ける〈もやい〉へ、宇都宮けんじさん(弁護士・元日本弁護士連合会会長)から応援メッセージをいただきました!

●宇都宮さん
「〈もやい〉さんは生活困窮者の支援に長い間取り組んでいらっしゃるし、私自身が貧困問題に取り組むきっかけになったのも、〈もやい〉のみなさんと路上生活者支援活動をしたことです。なので、ぜひ、みなさんにも〈もやい〉さんの活動に関心を持ってもらいたいです。
社会問題、特に貧困問題に対する応援の仕方はさまざまあります。それはお金を寄附するという方法もありますし、食べ物を寄付するという方法もあります。お金がなくてもちょっと時間が余れば、ボランティアに参加して体を動かす方法もあります。その人が出来ることからまず始められたらと思います。
貧困問題は日本で最大の社会問題だと思います。日本の国が貧困問題を解決できるような社会にするために、ぜひ〈もやい〉の皆さんは頑張ってほしいと思います」

年末年始の寄附のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 年末に向けて相談活動を続け、貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?