貧困は、私たちのすぐ隣で起きています。社会問題を「知る」そして知ったあと「動く」方法を一緒に考えてみませんか? 「世界いち気持ちいい介護」を目指し、世の中のすべての人が、それぞれの状況において、最大限に自分らしくのびのびと生きられる社会の実現を目ざす吉田真一さん(株式会社でぃぐにてぃ代表取締役)に#知る動く方法についてメッセージをいただきました!

●吉田さん
世界一気持ちいい介護を目指して、介護事業を行っています。起業して3年目、訪問介護の事業が軌道に乗ってきました。
自分たちのお客さまは障がい者や高齢者で、8割は貧困なんです。そして、介護する私たち介護士も低収入。若い介護士の多くが、より良いサービスを届けようとがんばっています。
双方が手を取り合って、より良い生活ができるように、互いにちょっとずつ貧困から抜け出ていくために、アイディアを考えていきたいと思っています。
貧困問題に取り組む〈もやい〉を心強く思っています。

冬のご寄附のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 年明け後も相談活動を続け、貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?