〇4月11日のなないろ畑さんでの作業

沢山収穫のお手伝いをした一日でした。
まずはふきを収穫。なるべく大きくて立派なのを選んで収穫しました!

ふき収穫中

そして、かぶの収穫を行いました。
間引きなども含め、ふれあいの多かったかぶ。
とても立派になっていました!

かぶの収穫中

そして、別の畑に移動して今度はネギの収穫を行いました!

ねぎの収穫中

暑くもなく、寒くもなくちょうどいい陽気の中、盛り沢山の一日でした。

〇4月15日のいなぎめぐみの里山さんでの作業

今年度より、パルシステム東京様よりお誘いを受け、
いなぎめぐみの里山の企画にも参加をしようと考えています。

いなぎめぐみの里山は、「都市と自然をつなぐ」をテーマに設置された地域社会との交流を含め
生活協同組合パルシステム東京組合員が参加できる「場(農と緑の里山体験ゾーン)」です。

いなぎめぐみの里山

いなぎめぐみの里山は、約40年ぶりに人の手が入れられ、
里山の復活管理運営や組合員向け農作業体験は
NPO法人いなぎ里山グリーンワーク様に業務委託されています。

4月15日には早速、いなぎ里山グリーンワーク様の企画で
たけのこ掘りに参加させていただきました。

たけのこ掘ります。

たけのこ堀りの目印

赤い根っこの目印が出てくるまで、掘るのは結構いい運動になりました。
その甲斐もあって、とても立派なたけのこが収穫できました。

今年度も緩やかではありますが、〈もやい〉農業部の活動を続けていきます。
暖かく見守っていただけたら嬉しいです!(松下)

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。