2018年7月1日、〈もやい〉「住まい結び事業」仲介第1号としてアパートに入居されたFさん(50 代女性・杉並区)の声を聞きました。

-Fさんが最初に相談に来られたのは春先でした。

Fさん「はい、4月10日です。通っていた作業所の職員さんが退職され、相談相手が周りにいなくなって……。
相続したけどすぐには処分できない土地があり、それでも生活保護が受けられるのか、とか解らなくて。相談に来たらものすごく親身になってくれて、それにちょうど不動産仲介を始めるところだってお聞きして、ずるずると(笑)。」

-アパートが決まるまでどんな2か月でしたか?

Fさん「気に入って、申込をしたけど断られる。その繰り返しになった時期があって、そのときは先が見えず辛かったです。そもそも内見できる物件が少なくて、できても『こんな物件にしか入れない………』と思う部屋も……。
自分の希望条件と折り合いがつくものに出会えるのだろうかと………。」

-アパート入居後に生活保護申請という流れでした。

Fさん「はい、自立に向けて多少の蓄えをしていたので……。まぁ、引っ越して最低限のものを揃えたら、もう…(笑)。
ただ、生活保護決定「前」という理由で保証会社に断られて、入居できなかったときはホントにがっかりしました。」

-〈もやい〉でアパートを探して良かったですか?

Fさん 「はい、1件がダメになったときでも、『次、ここはどう?』といっしょに伴走して探していただけたのは有り難かったです。アパートが決まるまでに、実は108件も問い合わせをしたって後でお聞きして、ほんと感謝のひと言です。」

- 最後に、今後のアパート生活についての抱負を

Fさん「体力が落ちているので、まずはその回復。〈もやい〉のサロンに顔見知りもできたし、コーヒー焙煎にもお誘いいただいているので、少しずつでも日常の世界を拡げていきたいなぁと思っています。」

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?