今年の秋は穏やかな毎日が続いていますが、ここ2、3日寒い日が身を包んでいます。これからの季節、暖かいおでんが懐かしくなります。おでん(御田)は日本料理のうち、煮物料理の一種であり鍋料理にも分類される。鰹節と昆布の出汁に味をつけ、さつまあげ・はんぺん・ちくわ等の練り物、大根、芋、がんもどき、ゆで卵、厚揚げ等の色々な種を入れ長時間煮こみます。おでん種、漬けだれの種類は地域や家庭によって異なります。関西では、おでんはこんにゃくの味噌おでんのことで、上記のおでんは関東煮とも関東炊きともいわれます。現在ではおでんは高級料理店の日本料理でもあり、庶民の家庭料理でもあり、最近はコンビニがその開発を競い合っています。そして当サロンでも冬の寒い時期になると、度々、ランチのメニューを彩る人気商品です。そんなわけで今日(12月8日)のランチはおでん!大根・玉子・ウインナー等8種類の種が入ってボリュームたっぷりです。副菜はきゃべつと水菜のサラダ、車負とえのき茸のみそ汁です。おでんが具だくさんのためか、ごはんを少なめにという方が多く、いつもよりごはんが余ってしまいました。

12月8日のランチ

 おやつは、ゆず茶入りのパウンドケーキ、とっても美味しかったです。

12月8日のおやつ

 77年前の今日、日本軍がアメリカ・ハワイの真珠湾に奇襲攻撃をした。起こらないはずの戦争が起きてしまう、その連続が近代の歴史である。気がつけば外国や外国人の敵意をあおる政治家ばかりが世界で目立つようになった。冷静であることが今ほど求められる時はない、(朝日新聞12/8「天声人語」より)
 人間らしさを問われる貧困・格差、障害者に対する偏見、ヘイトスピーチ、女性差別、なんと格差と差別が多いことか!
今年のノーベル平和賞は、ISの性奴隷の実態を告発したヤジデイ教徒のナディア・ムラドさん、コンゴ民主共和国での戦争で、レイプの被害女性に対して無料で治療を続けたデニムクウエゲさんに贈られました。その言葉「レイプは戦争兵器として使われている」

 早いもので、今年もあと僅かとなりました。次回サロンは12月15日(土)、今年最後となります。なお、閉店は午後4時となります。そして翌週22日(土)は恒例のクリスマスパーティー、エンターテイメントやビンゴゲーム、飲食はすべて無料、たくさんの皆さんのお越しをお待ちしています。差し入れも大歓迎です。    (万年青年)

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。