4月21日(日)、〈もやい〉では初めてとなる日曜日の臨時相談会を行いました。これは、最大10連休となるゴールデンウィーク中に困窮状態に至る可能性のある方、働いているなどして火曜日の相談に来られない方を主な対象としたもので、当日の様子はNHKのニュース7で放送されました。〈もやい〉ではこれに先立ち4月16日に厚生労働省に対して連休中の生活困窮者への対応を確認し改善するよう要望書を提出しました。厚生労働省は4月19日付で連休中の福祉事務所の対応に関する通知を出しています。ここでは相談から得られた知見などをご紹介したいと思います(個人情報を保護するため、匿名化した上、一部の情報を編集しています)。

不安定就労と住まいの喪失

「ネットカフェ難民」や「ワーキングプア」という言葉が人口に膾炙するようになって10年以上が経ちました。もちろん今でもネットカフェや会社の寮に寝泊まりして働き、ギリギリの生活をされている人がいます。そしてこのような状況にいる方にとって、長期休暇は仕事と住まいを同時に失う危険をもたらします。〈もやい〉に相談に来られたXさんも、関東を中心に寮付きの派遣の仕事を転々としていましたが、契約が更新されずに寮を出され、ネットカフェに滞在していました。しかし、長期休暇中やその直前になると採用活動自体が行われなくなり、もともとサービス業をしていたわけでもないため、仕事を見つけられず困窮状態に陥ってしまいました。

ニュースでの放送の様子

厚生労働省や東京都によるいわゆる「ネットカフェ難民」調査では、調査時点ではネットカフェに滞在している人でも、ファーストフード店や路上などで夜を過ごすこともあることが指摘されていました。Xさんもまた、ここで〈もやい〉につながり生活保護制度を利用できなければ、おそらく路上生活を強いられていたことでしょう。このことは、「ネットカフェ難民」の実態、そして会社の寮、路上、ネットカフェとの関係を考えるうえで季節性などの側面を勘定に入れる必要があることを示しているように思われます。

ひきこもり状態と長期休暇

臨時相談会には、ひきこもり状態の方も複数名来られていました。その中でも、Yさんは家族との折り合いが悪くなり住み込みの仕事を始めたものの、長く続かず一時的にホテル生活をしている状態で〈もやい〉につながりました。Yさんはある程度のお金を持っていたために、ホテル等に滞在しつつ仕事を探して、親元からの自立を計画していました。しかし、連休のために手頃な値段のホテル等は旅行客などで埋まっていき、住むところを失う危機に面することになります。

ひきこもり状態を脱却するべく家を出たものの、長期休暇に当たってしまったために、仮の住まいさえ失ってしまうYさんの事例は、これまであまり「貧困」の文脈では取り上げられてこなかったものだと思います。しかし、ひきこもり状態にいる方の人数が増え、また高齢化する中でこうした事例は今後増えていく可能性があり、Yさん個人の問題ではなく、行政や、広く社会が対応していく必要があります。

今後について

XさんやYさんのような事例が示しているように、長期休暇はギリギリの生活をしている人々にとって必ずしも歓迎すべきものではありません。余裕のある人にとっては楽しい長期休暇かもしれません(そしてそれ自体は悪いことではありません)が、その陰にはサービス業で働く人々、その仕事に就くことも難しく困窮する人々がいます。不安定な就労環境とともに、全国一斉の長期休暇という社会の仕組み自体を問い直す必要があると思います。そして何より、現に困窮をする方がいる以上、それに対して行政は万全の対応ができるように体制を整えていく必要があると思います。〈もやい〉は、これらの発見を踏まえて、行政に働きかけて少しでも状況を改善させることを求めてまいります。

10連休中の生活に困ったときの相談先リスト

2019.04.26

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?