今日(7月22日)は、年に1回サロンで行われる「棚経」がありました。

〈もやい〉の仏壇

引越しの際に、こもれび荘の二階押入れから出てきたお仏壇。
先日「魂入れ(開眼法要)」を光照院の吉水副住職に行っていただき、今日を無事迎えることができました。

お盆飾り

例年通り、パパさんがお盆飾りの「なすときゅうりの牛馬の飾り」を作ってくださいました。

お話を聞いています。

お経を読む前に吉水副住職のお話を聞きます。

一人一人、お焼香しました。

一人ずつお焼香をします。
みんなでお経を読んだりしながら、無事棚経が行われました。
初めて来られた方は驚かれていたようですが、信じる宗教などは例え違っていても「みんなで法要を行う」ことに意味がある気がします。

さて、そんなサロンのランチは万年青年さんが作ってくれた「ビーマンの肉詰め・焼きナス・ポテトサラダ」のプレートランチで、スープがついています。
なかなか自分でもピーマンの肉詰めは作らないので、美味しくいただきました!

7月22日のランチ

そして、今日のランチは私がつくった「チョコと紅茶のスコーン」です。
数が少なかったせいもありますが、無事完売してくれてホッとしました。

7月22日のおやつ

今後のサロンの開催予定です。8月5日(土)12日(土)19日(土)です。8月26日(土)はお休みです。
8月19日(土)には初開催!「〈もやい〉の夏祭り!」を開催します。
皆さま、お誘い合わせの上ご参加ください。お待ちしております!(松下)

年末年始の寄附のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 年末に向けて相談活動を続け、貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。