例年になく長い厳しい寒さが続いた今年の冬もようやく終り、春の到来です。ここ2、3日は、なんと一挙に初夏の陽気、桜も大慌てで咲いてしまい各地で開花宣言です。サロンのお客様達も身も心も和らいだ様子。今日のサロンは朝早くからたくさんのお客様が見えられ、一日中大賑わいでした。最近、ご近所や通りがかりのお客様が、ちょくちょく見えられるようになったのですが、とりわけ今日は、同じビルの3階や5階でお仕事をされていらっしゃる方々など何人もの初めてのお客様が訪ねてくださいました。そしてランチやドリンクを楽しんでいるうちに、いつの間にかサロンの常連さん達と、同じテーブルを囲んで笑顔で会話と交流をされていました。仲間達の居場所としてのサロンは、かけがえのないものですが、こうして地域の人達との交流等、仲間達の輪が広がっていくのも素敵なことだと思います。そんな草分けとなった去年の和光鶴川小のお母様たちが、来週も美味しいランチとおやつを作ってくださることになりました。

 さて、今日は今年初めての「みそ作り」。水曜日にサロンの常連さん達が参加して行われている農作業、「なないろ畑」さんの協力をいただき、たくさんの大豆が収穫できました。その大豆を使って、今日はみなさん慣れない手つきで「手前味噌」を作っていらっしゃいました。秋には美味しい「手前味噌」となってサロンの食卓にあがることでしょう、みなさんお楽しみに!なお、木曜日には「グリーンネックレス」の皆さんも「みそ作り」を楽しんでいらっしゃいました。
「手前味噌」とは「自分で自分を褒めること」という意味です。「手前」は「自分」または「自前、自家製」の意味、昔は味噌は自分の家で作るのが一般的でした。各家庭で美味しい味噌を作ろうと、色々工夫を凝らしていました。このように自家製の味噌の味を自慢することから「手前味噌」という言葉ができたのです。

塩と麹をまぜ、茹であがった大豆をマッシャーでつぶしていきます。

みんなで黙々とつぶします。

いろんな人が味噌作りに携わってくれました!

味噌と塩きり麹を混ぜます。

 そんな「みそ作り」に因んで、今日のランチは”みそ親子丼&春雨サラダ&かぶと豆腐のみそ汁”。久しぶりに調理のベテランMさんと私「万年青年」で作りました。「みそ作り」との競合でキッチンはごったがえしの状況となりましたが、これもご愛嬌です。おやつは「マドレーヌ」、サロンのお菓子作りの新星Mさんが作ってくださいました。バター風味が効いた逸品で、パパさんいわく、「どこかお店で買って来たんじゃないの!?」。20個を超える売り上げで当サロンの新記録となりました。

3月17日のランチ

3月17日のおやつ

 サロンの開催日は、3月24日(土)、4月7(土)14(土)21(土)、7日は鍼灸やってます。また、3月31日(土)は、納骨・お墓参り&お花見です。皆さんのお越しをお待ちしています。   (万年青年)

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。