今年秋より、NPO もやいが使用している寄附者さま向けの「カンパお願いチラシ」をリニューアルいたしました。

広報チームメンバーで議論を重ね、チラシ1枚で活動の背景にいらっしゃるさまざまなご事情を抱えた方のストーリーがぼんやりと垣間見えるよう、「帰る家があるという幸せ」というテーマを設定。
写真は、長くビッグイシューなどでホームレス状態にある方の写真を撮影されてきた高松英昭さんにお願いし、また全体的なデザインは、いくつかのNPO や労働組合で印刷物等の制作に関わっていらっしゃる信田風馬さんに依頼。納得のいくかたちで今回仕上げることができました。

今回はそのご両名にどういう思いで製作に関わっていただけたのか、寄稿もお願いしました。
「チラシ」を脇に置きつつご一読ください。

【カンパチラシ】もやいのチラシをデザインしてみて(信田風馬さん)【おもやい通信2016年冬号より】

2017.01.13

【特別寄稿】「地見屋の風景」高松英昭さん(写真家)【おもやい通信2016年冬号より】

2017.01.13

冬のご寄附のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 年明け後も相談活動を続け、貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

佐々木大志郎

札幌出身・東京在住。認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 広報。「マチバリー~""生きる"を支える人を応援するメディア」( http://machibarry.jp/ )管理人。広い意味で支援に関わる様々な方のお話をうかがって撮ったり書いたり。あなたのお話も聞かせて下さい。