本日、1月6日(土)より「サロン・ド・カフェ こもれび」、2018年の営業がスタートしました。
「明けましておめでとうございます」「本年もよろしくお願いします」という声があちらこちらから聞こえてきます。
かくいう私も、皆さんとご挨拶が出来てとても嬉しい一日でした。

さて、そんな年初めのメニューは、恒例の「お雑煮、紅白なます、お汁粉」でした。
「お雑煮」は万年青年さんが、「紅白なます」はパパが作ってくれました。
「お雑煮はここでしか食べないよ~」という声も何人からか聞こえてきます。
季節を感じるメニューはやはり大切だなと思いました。

1月6日のランチ

毎年お餅をどうするのかが悩みの種なんですが、今年はいつも入居のボランティアに来てくださっているMさんと、可愛いお嬢さんお二人と来てくださるHさんご家族のおかげで、万年青年さんとともに対応していただきました!
みなさん、ありがとうございます!

寒い日だったので、ホットコーヒーも結構でまして、パパも何回もコーヒーを淹れたり大忙しでした!
Hさんのお嬢さんお二人が看板娘となり、お客様のドリンクを作ったり運んだりしてくれて大活躍でした。
沢山の方の支えがあってこそのサロンだなと感じた一日でした。

今後の営業日は、1月13日(土)、20日(土)、2月3日(土)、10日(土)となります。
1月27日(土)、2月17日(土)、24日(土)はお休みとなりますので、ご注意ください!
本年も、もやいの交流サロン「サロン・ド・カフェこもれび」を、どうぞよろしくお願いいたします!(松下)

冬のご寄附のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 年明け後も相談活動を続け、貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。