日本経済新聞2015年12月30日「解を探しに[1]かつて中流いま漂流」にコメントが掲載されました

日本経済新聞2015年12月30日「解を探しに[1]かつて中流いま漂流」に、もやい・大西連のコメントが掲載されました。

格差の広がりも指摘される。日本の相対的貧困率(可処分所得の中央値の半分に満たない人の割合)は12年が16.1%で、1980年代から上昇し続けている。経済協力開発機構(OECD)加盟国34カ国の中でも高い数字となっている。NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の大西連理事長は「病気や失職を機に貧困に転落する可能性は誰にでもある」と話す。

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?