SPA 2016年1月26日特集『ルポ子供の貧困「死にたい」とその子は言った』にコメントが掲載されました

『SPA 2016年1月26日』の特集『ルポ子供の貧困「死にたい」とその子は言った』に、もやい・大西連のコメントが掲載されました。

昨年、就労支援などを謳った「生活困窮者自立支援法」が制定されたが、大西氏の見方は懐疑的だ。
「一方で生活保護のうち住宅扶助や冬季加算の削減となりました。冬季加算とは暖房費用の補助。これが削減されれば、前出の河村さん親子のような例が増える恐れがあります」
また同じく政府が打ち出した「子供の貧困対策に関する大綱」も医療費の窓口負担ゼロや給食、修学旅行の無償化などは見送られた。
「支援の現場で必要としていたものはほとんどが棚上げになり、教育支援に終始しました。しかし貧困の原因を学力だと考えるなら、義務教育の無償化だけでなく、進学のために多くの子供が塾に通っている現状を踏まえれば、それと同等の教育まで無償化すべき。そこまでやって初めて平等な社会だと思います」

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?