〈もやい〉の貧困問題基礎講座も今年で4回目。2017年9月2日(土)・3日(日)の両日開催され、「貧困問題」とその解決に関心のある多数の方にご参加いただけました。
こちらの両日の様子を、写真でレポートします!

第一日目【9月2日(土)】

今年もスタートしました! まずは大西連の基調講義「貧困とは何か」から

赤石 千衣子さん(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)による「貧困とひとり親家庭支援」について

実際に困窮された経験のある方にご登壇いただき、お話をうかがいます。

参加していただいた方々。たいへん熱心な様子で聞いていただいています。

「ホームレス排除」をテーマに、初日のワークショップがおこなわれました

第二日目【9月2日(土)】

二日目のスタート。司会の加藤から。

もやいの生活相談スタッフ結城から「寄せ場の歴史と現状」についての講義

現在もやいスタッフの佐々木から、当事者としての経験談を。

神部紅さん(労働運動活動家)より「雇用の劣化がもたらす貧困」をテーマに講義

会場からは熱心な質問が飛び交いました

「私たちに何ができるのか」をテーマにワークショップ

各テーブルに分かれて活発な意見交換がおこなわれました

講師もテーブルの議論に交じります

それぞれのテーブルにて結論の発表。「今日から」「来年から」「10年後から」を目標に自分たちの出来ることを考えました

最後に「もやい」の活動について。実際に日々の活動を担ってくださるボランティアの方々からお話を伺います

もやいの相談業務の様子や、現場の実際についてボランティアの方からトーク