卒業生達の今

皆さん、お元気でお過ごしですか?
まだ5月だというのに台風一過の夏日がやってきました。
岩手では大き目の地震がありました。
岩手のお客様の事が頭に浮かび、心配になりました。皆さんご無事でありますように。

焙煎部屋は、焙煎機の放熱もあり、サウナのようでした。
あまりに急速に夏がやってきた為、その速度についていけずに
冬用のトレーナー着用のメンバーもおりました。「平気、平気」と強がっていました
が、熱中症にならなくて良かったです。

さて、今日はとても嬉しいお手紙が舞い込みました。
4月に大学を卒業して新聞記者となったボランティアさんが書いた新聞記事が
同封されたお手紙です。

本橋さん新聞記事

署名記事を見て、「あー、頑張っているなぁ~!!」と目頭が熱くなります。
先週の土曜日には、もやいに4年間関わってくれ、こもれびコーヒーでは
2年ほど手伝ってくれた卒業生の茜さんも、転勤先から本社に出張してきた
機会に顔を出してくれました。前から元気一杯の女性でしたが、充実した
社会人生活にキラッキラ輝いていて、こちらはサングラスをかけたいくらいでした。
「名刺ができたんです」と嬉しそうに、「わたくし、こういう者です」と名刺を
両手で渡してくれたのを、照れくさく、微笑ましく、そしてとてもとても嬉しく
思いながら受け取りました。
二人ともに元気で充実した日々を送っているようです。
大学4年生はあと二人おりましたが、元気で頑張っていることでしょう。

新聞記者の彼女から送られてきたお手紙にはこうありました。
「入社してからびっくりしたのは、『もやいでコーヒーのお手伝いをしていました。』
と言うと、がぜん興味を持ってくれる上司が多いこと」
彼女たちがとても大事にしてくれた「こもれびコーヒー」のこと、そこで働く人達の
ことを理解してくれる環境、人に恵まれ、私も嬉しいです。
来週水曜日にメンバー達に見せたら、どんなに喜ぶでしょう。
今から来週の水曜ミーティングが待ち遠しいです。

(小林)

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?