『東京新聞』2015年9月28日「コーヒーのおかげで」に掲載されました

『東京新聞』2015年9月28日「コーヒーのおかげで」に、もやいの交流事業「こもれびコーヒー」が紹介されました。

「七十年生きてきた。気が付けば一人だった。古いアパートに暮らし、話し相手は老いた猫一匹だけ。死ぬのを待つだけ」。そいう考えていた男性がいる。

十一年ごろに転機があった。東京・飯田橋のNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」が、交流事業の一環でコーヒー豆の通信販売をしている。そのリーダー役を任された。形の悪い豆を一粒ずつより分け、豆のはぜる音を聞いて焙煎加減を判断する。「少しのミスが影響する。品質にはこだわりたい」

「やりがいのある仕事なんだ。膝が痛くて作業に通うのはきついが、少しでも長く生きて、仕事を続けたい」気付けば人生に前向きになれていた。「コーヒーのおかげで」

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?