『東京新聞』2016年2月1日「こちら特報部」に〈もやい〉の調査活動が掲載されました

『東京新聞』2016年2月1日「こちら特報部」に、〈もやい〉が共同しておこなった「野宿者への襲撃の実態に関する調査」(2014年6月28日~7月14日)が引用されました。
下記、記事を一部引用します。

路上生活者(ホームレス)たちへの襲撃が、昨年末から東京都台東区の上野公園で続いている。現在まで負傷者はいない。だが、この種の襲撃は一九八〇年代から全国各地で連綿と続き、これまで二十人以上が亡くなっている。襲撃犯の大半は少年たちだ。上野公園では民間の支援団体が夜間の巡回を始めたが、有識者らは襲撃の防止には教育が重要だとして、行政側の連携を訴えている。

生活困窮者の支援に取り組むNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」などの民間団体は、二〇一四年六~七月に聞き取り調査をしている。
上野や新宿、渋谷などで暮らすホームレス三百四十七人のうち、過去に殴られたり、物を投げられたりした人が、全体の36.3%、百二十六人いた。襲撃者の大半が少年たちだった。

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?