今日のサロンは棚経あり鍼灸あり七夕飾りありと盛りだくさんで一日中大賑わいでした。梅雨のまっただ中、天気予報では、雨模様だったのですがお客さまの勢いに押されたかのように、うっすら晴れ間も見えるほどの回復ぶりでした。棚経が催されるということで、いつもよりたくさんの常連のお客様が見えられ席をみつけるのに大変なほどの盛況でした。店内には七夕飾りの笹竹がすえられ、お客様は思い思いの願い事を短冊に書いてつりさげていらっしゃいました。

 棚経は午後1時半過ぎからおこなわれました。今年は「結の墓」創設の中心になってくださった光照院の吉水副住職(まもなく住職になられるそうです)と、ご友人の僧侶であり、ひとさじの会の副代表をつとめる服部さんが講話と読経をしてくださいました。サロンのお客様は、ほぼ、全員(30数名)が参加され、かつてない盛大な棚経となりました。(棚経は、お盆の時期に僧侶が檀家を訪問して仏壇、精霊棚の前で読経を行う行事です)

7月6日のランチ

 今日のランチとおやつはコーディネーターの松下さんが作ってくださいました。
ランチは、”鶏肉と野菜のレモン煮&キャベツとピリ辛ツナのマヨネーズ和え&パパさんの具だくさんみそ汁”,レモンの香りが爽やかな逸品、なかなかサロンでは味わえないひと品でした。
 おやつは梅ゼリー。パパさんの梅ジュース作りの時に使った梅をゼりーに練り込んだ夏らしいおやつでした。

7月6日のおやつ

 そして今日、毎月行われる鍼灸の日でもあり、棚経が行われる中、順番に多くのお客様が施術を受けられ、皆さんほっこりしたようすでした。

 今後の予定です。7月13日(土)20日(土)です。なお27日(土)はお休みです。8月は3日(土)10日(土)17日(土)24日(土)です。
今年も24日(土)には、縁日風の夏祭りを行います。皆さん、夏負けせずに、元気にサロンにいらしてください!お待ちしています。(万年青年)

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。