自立生活サポートセンター・もやいは、2018年に認定NPO法人として全国で初めて宅建免許(宅地建物取引業免許)を取得しました。宅建免許を取得することで、これまで入居支援としておこなってきた連帯保証人や緊急連絡先の引き受けだけでなく、「住まい結び」として、住まい探しに困っている方への物件探しをおこなうことができるようになりました。

「住まい結び」をスタートして約2年間で、約160名の方の住まい探しのご相談をお受けしています。ようやっと、事業も軌道に乗ってきた、次の展開をどうしようか、そんなタイミングで今回の新型コロナウイルスの感染拡大が起きました。

物件探しは、面談での相談だけではなく、一緒に物件候補に内見に行くなど、密に接する機会や時間がどうしても発生してしまいがちです。4月以降、新型コロナウイルスの蔓延と東京都による緊急事態宣言を受けて、「住まい結び」の活動を停止していました。

一方で、東京都の休業要請により、インターネットカフェの営業停止など、生活が苦しくなってしまった人が増加するなかで、住まい探しの支援を必要とする人は増加しています。東京都は現在、期間限定の支援ではありますが、ビジネスホテルを借り上げるなどして、住まいがなくなった人向けの緊急的な宿泊支援はおこなっていますが、その後のアパートへの移行支援などは、正直に言って、手が回っていない状況です。〈もやい〉にも、そういった住まい探しの支援を求める声が多く集まっています。

これらの状況をふまえ、〈もやい〉では、このたび、「住まい結び」の取り組みを再開いたします。しかし、新型コロナウイルスの影響、また、感染拡大の第二波、第三波がいつ訪れるかわからない状況のなかで、これまで通りの形での再開を考えているわけではありません。できるだけ感染予防につとめるためにも、今回、オンラインツールであるフォームを使った住まい探しをスタートします。

住まい探し相談フォームURLは【こちら

※ 申し訳ありません。現在、新規相談受付については一時的に停止させていただいております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

まだ手探りの部分が多いのですが、〈もやい〉なりの「住まい結び」の形を引き続き考えていきたいと思います。
住まい探しに困っている方、また、困っている方をご存知の方は、ぜひ、このURLにアクセスしていただければと思います。

また、「住まい結び」を再開するにあたり、協力してくださる大家さん、不動産屋さんを募集いたします。
〈もやい〉で住まいを探すのは、どうしても東京近郊になってしまいますが、低所得の方、生活保護を利用する方で、住まい探しに困っている方はたくさんいます。この部屋が空いているよ、うちの物件を使っていいよ、などありましたら、ご一報いただけますとうれしいです。

〈もやい〉の「住まい結び」へのご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい
〒162-0801
東京都新宿区山吹町362番地みどりビル2階
Tel: 03-6265-0137
E-mail: info@npomoyai.or.jp

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?