『週間朝日』2015年7月3日「下流老人『こんなはずじゃなかった』」にコメントが掲載されました

『週間朝日』2015年7月3日「下流老人『こんなはずじゃなかった』」に、もやい理事長・大西連のコメントが掲載されました。

生活困窮者を支援している認定NPO法人、自立生活サポートセンター「もやい」では年間3千円の生活相談を受けており、平均年齢は45歳だが、80歳からの相談もあるという。大西連理事長はこう話す。
「高齢で働けなくなれば、貯蓄を使うか、家族の扶養か、社会保障に頼るかしかない。この2年間で生活保護が増えているのは高齢者世帯だけです。今の若者は非正規労働者が多く、貯蓄ができないので貧困化していく。核家族化も進んでいるので頼れる家族も少ない。将来的に貧困の高齢者が増えるのは必然です」
高齢者の貧困は、就労困難だけが原因ではないという。
「年間600世帯の入居支援のうち、男性の一人暮らしが圧倒的に多い。高齢になって働けなくなると孤立しがちで、経済的な貧困と人間関係の貧困はリンクしている。両方に対する支援が必要です。そこで私たちは居場所づくりの」ために交流事業もしています」

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?