『東京新聞』2015年11月16日「こちら特捜部」にコメントが掲載されました

『東京新聞』2015年11月16日「こちら特捜部」に、もやい事理長大西連のコメントが掲載されました。
下記、一部抜粋します。

困窮者支援に取り組むNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の大西連理事長は「困窮を背景にしたろうそく火災の素地は確実に広がっている」とみる。
「件数が減っているからと言って安心はできない。最近は生活保護受給世帯が過去最多を更新し続け、年金だけでは暮らせない高齢者が増え、家族や地域のつながりが薄くなってもいる」

「那珂市の火災で気になっているのは、行政が『待ち』の姿勢になっていることだ。『相談さえしてくれれば』ではなく、滞納する以前から直接訪問するなどしてケアすべきだった。相談を受けて対応する仕組みでは、困窮を抱え込んでしまう人たちは助けられない。外へ出向いていく新たな体制が必要だ。同時に要注意家庭の情報交換も、生活保護や障害、国民年金の相当課など関係部署間で徹底してほしい」

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?