貧困は、私たちのすぐ隣で起きています。社会問題を「知る」そして知ったあと「動く」方法を一緒に考えてみませんか? 子どもの生命や人権を守るため「いじめ」およびその関連問題に関する調査・研究や対策の立案、提言および啓発活動をおこない「いじめ問題」解決への具体策を実現させるため活動されているNPO法人ストップいじめ!ナビ副代表理事・事務局長の須永祐慈さんにメッセージをいただきました!

●須永さん
私は現在NPO法人ストップいじめ!ナビとして「いじめ」の問題について取り組んでおり、また昔は不登校や「いじめ」を受けた当事者でもありました。
いじめの問題も、〈もやい〉が取り組んでいる貧困の問題も、子どもにとってとても傷つく体験であったり、自分の肯定感を低くされるような状況でもあるので、とても共通した大きな問題であると考えています。

そのことに気づいた時、気づいた人たちがどのような形で寄り添ったり、支援したりできるのか。どんな人でも、実はまだまだたくさん出来ることがあります。ぜひ、これらの問題に関わる皆さんと一緒に、小さなことから取り組んでいけたらと思います。

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?