長かった梅雨も明け、いっきょに連日の猛暑、身体がついていかず悲鳴をあげています。
とりわけ中高年の多いサロンのお客様にとっては厳しい毎日です。
一方、学校は夏休み。サロンには”夏ボラ”(夏休みを利用してボランティア活動を経験しようという取り組み)の
中高生の皆さんが参加され、朝早くから一日中、若さが溢れていました。
皆さんはお客様にランチやドリンクやおやつを運びながら、
あちこちで常連のお客様達と交流を重ねていらっしゃいました。
いつもと違った若者達の賑わいに、常連のお客様達もすっかり若返った様子でした。
お昼時には大西理事長の母校であるA高校の生徒さんと大学生が十数人
「ごはんプラス」のセミナーを受講した後、ランチを楽しみにいらっしゃり、また一段と若さで盛り上がりました。

今日のランチは松下さんとパパさんが用意してくださいました。
メニューは”肉じゃが&キャベツとツナのマヨ和え&具だくさんみそ汁”、
松下さんは肉じゃがは初めての挑戦とのことでしたが、
どうして、やわらかい味わいでおいしくいただけました。

8月3日のランチ

おやつは、すっかりお馴染のMさんが作って下さいました。
それもなんと2種類、”ナッツとチョコのパウンドケーキ&杏仁豆腐”。
それぞれ違った洋と中の味わいにお客様もとっても喜んでいらっしゃいました。

8月3日のおやつ

8月3日のおやつ

午後、慌ただしかったサロンもようやく落ち着いた雰囲気に戻ったところで、
パパさんに教えられながら「いも床」作りが始まりました。
「いも床」は東北地方で、古くからつくられているもので、味噌やぬか床の代わりにつかわれます。
じゃがいもをゆでて熱いうちにしっかりと濾してつくります。
今日のランチのみそ汁もこの「いも床」を使って作りました。

8月のサロンは、10(土)17(土)24(土)と、今日を含めて4日間開催です。
なお、24(土)は昨年に引き続き、縁日風の”夏まつり”を催します。
皆さん、猛暑を乗り越えて、ご来店をお待ちしています。(万年青年)

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。