〇3月15日のめぐみの里山さんでの作業

前日に雪が降り、一気に冬に戻ってしまった天気で。
お日様が出た時は暖かいのですが、パラッと雨が落ちてきたりと不思議な天気でした。
作業は里山で伐採した竹や枝をチッパーという機械で粉砕する作業をお手伝いしました。

竹や枝を仕分けています。

こんもりと山盛りになっている竹や枝を見て、「今日中に終わるのかな??」と不安になりましたが、みんなで黙々と作業したらその山がなくなりました。
みんなで一緒に作業すると、大変なこともサクッと終わるのだと分かりました。
チッパー作業のお手伝いが終わったら、ご褒美にブロッコリーとのらぼう菜の収穫をせていただきました。

花束のようなのらぼう菜

のらぼう菜が花束のようです。
隣に咲いていた小松菜の花もその場で少しいただきました。
プリプリしていて、小松菜の味もしっかりしていました。
なかなかできない体験をさせてもらいました!(松下)

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。