新たな道を拓くために 〜もやいシェルター 本格始動〜

前号(2020年冬号)でもご案内のとおり、〈もやい〉ではコロナ禍のもと
住まいを失う方が増えたことを背景に、昨年9月、シェルター事業を開始しました。

当初はコロナの影響で空室を抱えたマンスリーマンション業者との
連携事業としてスタートしましたが、この事業が最終的に
「(劣悪な)施設に入ることなくアパート探し」というスタイルが
フツーになることをめざしているため、
年明けからは一般のアパートを借りてのシェルター運営もスタートさせました。

候補物件探しでは、まず3年間にわたる“住まい結び(不動産仲介)”で
接点のあった業者さんに声掛け。その多くは生活保護への理解ある業者さん、
大家さんなのですが、シェルターの性質上、利用者が頻繁に入れ替わることが前提。
他の入居者さんに不安を与えるなどの懸念も示され、
予想以上に苦戦したものの、何とか予定通りの室数が整い、運用を始めています。

● 契約書類(賃貸借契約書&利用契約書)

シェルターQ&A

— 部屋にはどんな設備があるのですか?
冷蔵庫・洗濯機・電子レンジといった家具家電や
布団・調理器具・食器・洗濯用品等の生活用具を備えています。
リサイクルショップも活用し、その後のアパート生活に近い設備・備品を準備しています。
トイレットペーパーやごみ袋といった消耗品は、原則ご本人に購入していただきます。

— どういう契約を結ぶのですか?
〈もやい〉・物件オーナー間は賃貸借契約を結び、利用者の入退去の際には
その概要をオーナーに報告する旨の特約が付いています。
〈もやい〉・利用者間ではシェルターの利用契約を結び、
光熱水費も含めた利用料(家賃+1万円前後)を保護費から負担いただきます。

— 利用者としてはどんな方を想定しているのですか?
アパート契約では保証会社の利用が近年一般的ですが、
審査には「写真付の身分証明書」を求められるケースが大半です。
具体的には運転免許証やパスポート、マイナンバーカード等の提出が必要ですが、
既に失効していたり、窃取されたりという方が少なくありません。
前二者はお金もかかるため、アパート探しに先んじて
「シェルターに入居して住民票を移す⇒マイナンバーカードを作る」という前段が
必要となる方が実は多くおられます。

— 入ったシェルターにずっと住むわけではないのですね?
シェルターは日本語にすると「避難所」。恒常的に住む場所ではなく、
一定期間(3か月前後を想定)経過後に退去するのが基本です。
4年目を迎える「住まい結び事業」の知見を活かしてアパート探しもサポートし、
少しでも早く落ち着いた環境に、と考えています。
もちろん、ご本人の属性やエリアによって、
その後のアパート探しの難しさにも差があるため、柔軟に対応していくことになります。

— シェルター事業の原資はどうなっているのですか?
大きく3つに分かれます。
まず、①READYFORによる休眠預金を活用した「新型コロナウイルス対応緊急支援助成」、
②認定NPO法人抱撲による「総合支援付居住支援助成」の2つの助成金を活用しています。
これら助成金に〈もやい〉が直接多くのみなさまからいただいた
「寄附金」を合わせることで事業を進めていきます。

— ニーズは多くあると思いますが、今後もシェルターの数は増やす方向ですか?
今後の状況次第ではありますが、シェルターを実際に運営することで得られる“気づき”を
今後の政策提言に生かしていくことが〈もやい〉の本来果たすべき役割。
〈もやい〉がシェルター運営をしないで済む社会を早く実現する、そこを目指すことになります。

● シェルター写真

コロナ禍がいつ終息するのか、またその後はどんな社会になるのか、
まさに先行き不透明な状況下で事業を進めることとなります。
しかしながら、この「禍」をただ嘆くのではなく、これを機と捉え、
これまで遅々として進まなかった「施設ありきのしくみ」という課題に
新たな解決の道を切り拓く。そんな風にポジティブに捉えつつ、
取り組みを進めていきたいと思います。
引き続き一人でも多くのみなさまのお支えをお願いいたします。(土田)

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?