11月13日(土)に第2回となるコーヒー焙煎体験会を開催いたしました。
感染予防を徹底し、完全予約制で人数を制限して行いました。
そんな中でも午前・午後ともに各3名の方にご参加いただきました。
遠くは京都から!といろいろな形で〈もやい〉に関わってくださる方にお会いすることができました。

前回同様にコーヒー焙煎倶楽部の成り立ちの説明から始まり、ハンドピックを実際にみんなで行います。

メンバーが丁寧にハンドピックを説明し、実践してくれています。

午後の部では、ハンドピックとともに、コーヒーを入れる袋の作り方をお見せしました。

「パパ」ことOさんのイラストがかかれたラベルシールが貼られていきます。

作業の後はパパの煎れてくれたコーヒーで、参加者のみなさまからの質問にお答えしました。

パパがコーヒーを煎れる立ち姿。かっこいいです。

ゆるやかな交流の場は、いろいろな形で〈もやい〉にかかわっていただいている方達をつなげてくれるのだなと思いました。
12月からは毎週水曜日にコーヒー焙煎を実施しております。
ご興味ある方はぜひ、ご連絡ください!!(松下)

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。