『母の友』2016年1月号に書評が掲載されました

『母の友』(福音館書店)2016年1月号に、もやい理事長・大西連の著書が紹介されました。
作家の星野智幸さんが書評を書いてくださっています。

路上のふつうを体験する
星野智幸(作家)

経済の数値は上向いているのに、景気がよくなっている実感なんかない、と思っている人は多いだろう。同じように、日本は六人に一人が貧困状態にあると言われても、その実感はあるだろうか。困窮している人はいたるところに存在しているはずなのに、身近に例を知らないから実感がない。貧困に苦しむ人とそうでない人の間には、このギャップが横たわっている。

続きは掲載誌をご覧ください。

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?