段々と陽射しがあたたかい日も増えて、花粉症の鼻先がくすぐったくなってきました。
2月のグリネでは、展示用に以前みんなで作った切り絵を一枚の作品に仕上げたり、新しく紙を切り抜いて作品を作ったりとアートな月になりました。
もやい事務所の壁面には、展示をし易くするためにと、パパさんがレールを取り付けてくれました。
また、2週目の集まりでは、いつもバックヤードに徹しているパパさんへ感謝を込めてメッセージと甘いものを贈りました。
食卓を囲みながら、あるいはものづくりをしながら今月もおしゃべり。
10年の間、様々なメンバーと場所と時間を共有してきたグリネは、具合が悪いときも調子がよいときも「場」でつながってきました。しばらくお休みしても、体調がよくなったり時間が空いたら”会いにいきたくなる誰かがいる”場所。寄附をはじめ、多くの人たちに支えられています。今月はあたたかい靴下をおすそ分けしていただきました。渡り歩けるくらいにそうした場が増えていけばいいなぁと思います。

食事、珈琲の準備の他にも大工仕事もササッとこなすパパさん。ず
っと・いつもありがとう。展示準備と創作風景。

折り紙を切り抜いた切り絵を一枚のボードに合わせてみました。こういう作業を始めると集中力ばつぐんのグリネメンバーたちです。

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

グリーンネックレス

東京都近郊に住む女性を対象とした交流場所として、第二木曜日と第三木曜日の月二回、女性たちが自主的にワークショップを企画したり、お昼ご飯作りをして楽しんでいます。