11月7日(土)に新しいサロンを模索する中で、お試しとして時間制限・1時間の交代制、ドリンクのみのご提供という形で、一部のお客様を対象に実施しました。
お客様達と7ヶ月ぶりにお会いできて、無事を確認でき嬉しかったです。
高齢や基礎疾患をお持ちの方も多いため、検温や体調確認、交代する度に消毒をおこないました。

いらっしゃるお客様からは「次はいつ?」「来週もやるの?」など、サロンを希望する声がたくさん聞こえる一方。
コロナ感染者数は下げ止まり、逆に増加傾向にあるので、不安があり来ないという判断をされる方もいました。

難しい。
孤立状態になることにより、心身ともに不調になる方も少なくなく。
そういう面では、サロンを開催したいという思いはあるのですが・・・
どなたかがコロナに感染してしまう恐れを考えると、なかなか大手を振ってサロン再開とはならないと感じました。

今後も継続して、コロナ禍の中での新しいサロンを模索していきたいと思います。
再開が決まりましたら、改めてホームページでお知らせしますので、今しばらくお待ちいただけたら嬉しいです。(松下)

みなさんをお迎えできる日が一日でも早くくることを願ってます。

もやいへのご支援のお願い

生活にお困りになり〈もやい〉ご相談にこられる方々。その中でも、現在お仕事をされているにも関わらず困窮される方も増え続けています。 貧困問題に立ち向かう〈もやい〉を、寄附という形で応援していただけませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

サロン・ド・カフェ こもれび

誰でも立ち寄れる交流サロンです。月3回程度、もやい結びの会のメンバーやボランティアスタッフが中心になって、週替わりランチ・おやつ、飲み物を提供し、社会的に孤立した状態の方々が、人間関係の回復を図る居場所として運営します。また貧困問題や居場所に関心のある方々などの、ゆるやかな交流の場を提供します。